柳原愛子写真

stardust.co.jp

 

 

柳原愛子

  • メディア
  • プロフィール
メディア
CM

2011/02~03
ディー・エヌ・エー「怪盗ロワイヤル」

2010/09/16~
日本ケンタッキーフライドチキン
スマートバリューパックキャンペーン「食欲の秋」篇

TOPへ

プロフィール
CM

KDDI au 「敬老の日」<スチールALL媒体、WEB>

2007年 11月

財務省「国債」<スチール>
(2007/11末~)

PV
2009年 04月

やなわらばー「たからもの」
(2009.04.22)

TOPへ

柳原愛子写真

柳原愛子 ヤナギハラ アイコ

生年月日 1974年3月20日
血液型 B型
出身地 千葉県
身長 160cm
趣味 愉快なものを探すこと
特技 フルート、ものまね
所属部署 新人部
モバイルサービス

最新タレント情報や、着うた(R)&着うたフル(R)&着信ムービーなどのコンテンツが盛りだくさん。

QRコードhttp://stardust-web.net/バーコード読み取り機能で簡単アクセス!
またはこちらから携帯へURLをメールで送信!

[mobile]

 

大正天皇生母=柳原愛子☆

 

  

 

1859(安政6)年6月26日~1943(昭和18)10月16日(89歳)

 

墓所は東京・目黒 祐天寺

 

早蕨典侍(さわらびのてんじ【宮中の最高位の女官】)柳原愛子(なるこ)

 

明治天皇の宮人きゅうじん/みやびと=宮中に仕える人。多く女官をいう)となって、第2皇女・梅宮薫子内親王、第2皇子・建宮敬仁親王、第3皇子・明宮嘉仁親王を出産したが、のちに大正天皇となる嘉仁(よしひと)親王のみが成人できた。

 

幕末の議奏(ぎそう=政事を議定し、天皇に奏上すること)・権中納言(ちゅうなごん=太政官【だいじようかん】の次官【すけ】。大納言に次ぐもので、職掌は大納言とほぼ同じ。従三位相当。正と権【ごん】とがある)正二位 柳原光愛(みつなる)の次女で、伯爵で貴族院議員の柳原前光(さきみつ)の妹。

 

1870(明治3)年皇太后宮上臈(じょうろう=奥女中の最高位)として宮中(きゅうちゅう=皇居の中)にはいり、1872(明治5)年から明治天皇につかる。

 

1879(明治12)年に嘉仁親王(大正天皇)を24歳の時に生んで典侍に、1919(大正8)年官位(かんい=官職と位階。国家の役人の、仕事の役割と地位)正二位(しょうにい)にとなり、二位局(にいのつぼね)とよばれた(後に「従一位」)

 

柳原前光の次女で福岡県・筑豊(ちくし。筑前と豊前【ぶぜん】)の25歳年上の石炭王伊藤伝右衛門と結婚後、次々に発表した和歌の美しさとその才能から「筑紫(ちくし)の女王」といわれた柳原白蓮(やなぎはらびゃくれん。1885~1967。本名は暁子〔あきこ〕。東京生まれの歌人。歌集「踏絵」「幻の華」、自伝的小説「荊棘の実」などがある。戦後は平和運動にもかかわった。伊藤との結婚10年後に7歳年下の東京帝大生、宮崎竜介〈のち弁護士〉と出奔、終世をともにする。この「白蓮事件」はマスコミをにぎわし、菊池寛の小説「真珠夫人」のモデルにもなった。なお、柳原前光は白蓮の父)は姪(めい)にあたる。

 

  

白蓮

 

  

 

白蓮の失踪を報じる1921(大正10)年10月23日付『朝日新聞』

 

「伝右衛門氏へ あき子最後の手紙 つらい過去を振り返って 涙でつづった悲痛な告白」=同日付『朝日新聞』夕刊2面のトップ記事。

「結婚したばかりのころから、あなたと私との間には愛と理解がありませんでした……私には愛する人ができ、その愛によつて復活しようとしています……金力で女性の人格的尊厳を無視するあなたに永久の別れを告げます」。

 

  

 

 

 

 

 

 

柳原家の墓碑

 

 

トップページ

 

入口

 

 

創作者介紹
創作者 神州詩社 的頭像
神州詩社

走自己的路讓別人去說

神州詩社 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()